WEBという新しい買い物の手段。

WEBサイトをお願いするときに気を付けなくてはいけないのが、作ったら終わりという訳ではないという事です。

WEBサイトは作ったら終わりではない

WEBという新しい買い物の手段。 WEBサイトをお願いするときに気を付けなくてはいけないのが、作ったら終わりという訳ではないという事です。何故かと申しますと、作ったWEBサイトを維持するためにも費用が掛かるからです。ですので、WEBサイトを作りたいと思った時には、必ず予算に毎月のランニングコストも計算した上で考えましょう。では、ランニングコストにはどういったものがあるのでしょうか。まずはWEBサイトを更新する為の費用です。作ったWEBサイトをそのままにしておきますと、当然ですが情報はどんどん古くなっていきますよね。

何か新しい製品を作ったのであれば、その製品の情報を更新しなくてはいけませんし、WEBサイト内に社長や社員のブログなどを載せていたら、それも更新していかなくてはいけません。この更新にかかる費用がランニングコストとして挙げられます。また、SEO対策や広告を出しているのであれば、毎月それに掛かる費用が発生します。制作会社にきちんと確認をして、WEBサイトを作る前にどれくらいのランニングコストが掛かるのかというのをチェックして下さい。そうすれば、請求が来て慌てる事もなく、余裕をもってWEBサイトを維持する事が出来るでしょう。

 比べてお得!

Copyright (C)2019WEBという新しい買い物の手段。.All rights reserved.